会社の福利厚生の一環としてギフトのカタログを利用する

会社の福利厚生の一つとしてギフトのカタログを作成することができます。紙のものを作っても良いのですが、ネットを使えば、送り方がスマートになります。ネットで、ギフトの画像や説明が載せられたものを作成して、それを相手に送付します。紙のものにくらべて嵩張らないメリットがあります。また送料も必要ありません。紙を使わないので、資源を守ることにもつながり、その会社の印象が良くなります。 このようなサービスを提供しているところがあるので、そこに申し込みましょう。オプションも付けることができるので、自社の業務の質を高めるために役立ちます。例えば、アンケートをつけることができます。ギフトを貰った感想をアンケートに書いてもらいます。それを分析して、次回に生かします。

会社の福利厚生には欠かせないギフト

ギフトを贈ることは、会社のイメージを高めるために役立ちます。従来はお礼の意味を込めて、カタログを郵送していました。この方法を使っているところもまだあります。それは悪くないのですが、ネットを使って送れば、印象はさらに良くなります。 紙のものだと読んだ後に、処分しなければなりません。豪華なものほど、処分が難しいと言えます。また資源の浪費につながります。ネットから送れば、スマートな印象を出すことができます。紙のものにくらべて、情報を多く伝えられる良さもあります。 例えば、鮮明な画像を掲載できるので、どんなギフトなのか送られる人が分かりやすくなります。また紙のものより、情報量を多くすることができます。多くの情報を読むことで、貰い手はギフトを選びやすくなります。

サービスを提供している会社を見つけよう

ネットでカタログの送付を行っている会社があるので、まず検索して調べましょう。提供しているサービスは会社ごとに異なっています。自社が求めているサービスに一番近いものを提供してくれる会社を選びましょう。 メールを使って連絡を取ってみることも、大切です。メールで疑問点をたずねて、迅速に回答してくれるか調べます。回答の仕方が丁寧な会社を選ぶようにしましょう。この種のサービスにはいくつかのオプションがあるので、必要なら利用しましょう。 一番役立つオプションは、アンケートです。贈り物をもらった人が、どう感じているかネットを通してアンケートに答えられるように、設定しておきます。それによって、次回からのサービスの質を高められます。これを地道に繰り返せば、会社の発展につながります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加